ホームページ制作サービス利用規約

第1条(利用規約について)
1.この利用規約(以下「本規約」)は、株式会社メディウェイズ(以下「当社」)が、提供するホームページ制作及びデザイン制作に関するサービス(以下「本サービス」)の利用について規定するものです。
本サービスをご利用になられる方(以下「利用者」)は、事前に必ず本規約の内容をご確認ください。
本サービスの利用申し込みを行った時点で本規約の内容を承諾しているものとみなします。

2.当社はいつでも本規約を変更することができ、その変更は、当社が運営するウェブサイト上で規約の文面を更新した時点で効力が生じるものとします。

3.前項にもかかわらず、すでにお申し込みがなされていた取引については、利用者による申込時点での規約が適用されます。

第2条(本規約の適用範囲及び変更等について)
1.本規約は、本サービスの利用に関し、当社及び利用者との間に適用されます。

2.利用者は、本規約のほか、当社が定める各種の規約(以下、「個別規約」といい、また、本規約と個別規約をあわせて「本規約等」といいます)に同意いただき、本サービスを利用するものとします。なお、本規約と個別規約の定めが異なる場合には、個別規約の定めが優先するものとします。

3.当社は、利用者に対して予告なく、本サービスの内容の全部または一部の変更、提供停止もしくは終了をすることができます。

第3条(本サービスの内容について)
1.本サービスは、利用者がインターネット環境においてホームページ・ブログ等で情報提供を行うために、当社がホームページ制作及びデザイン制作に関するサービスを利用者に有償で提供するものです。

2.本サービスの具体的な詳細につきましては、当社ウェブサイト「サービス概要」「制作概要」、まはた「発注書」等に定めるとおりです。

第4条(本サービスの利用申し込みと契約成立について)
1.当社は、利用者による前払金の支払いを受けたことにより契約が成立するものとし、当社は速やかに本業務を開始します。

2.利用者は、制作ホームページのコンテンツとなる、本業務に必要な原稿、画像、映像等の資料を、電子メールにて当社に提供します。

3.業務遂行過程における当社と利用者の連絡は、基本的に電子メールまたは当社が指定するチャットシステムによるものとします。

4.利用者は、当社が送信した、制作完成物の承認依頼その他の、内容確認を要求する重要メールについては、内容を確認した旨の返信メールを送信するものとします。同重要メールについては、利用者が電子メールの受信後3営業日以内に当社に対して返信しなかった場合、当社は利用者が同重要メールの内容に同意したものと見なします。

第5条(制作料金のお支払いについて)
1.本サービスの料金は、当社が運営するホームページ、またはパンフレットに記載されているとおりです。ただし見積書が発行される場合は、見積書の記載金額が各媒体に記載された料金に優先します。

2.利用者は、本サービスの開始前に、料金の全額または一部(以下、「前払金」とします)を当社に支払います。当社は、前払金の支払い後にホームページ制作等の本業務を開始します。

3.前払金は料金総額の50%以上とします。ただし、料金総額が10万円以下の場合はその全額とします。

4.利用者は、当社の既遂の制作業務に支障をきたさない範囲内で、当社に対し追加の仕様その他を発注することができます。追加発注の対価は、当社の請求に応じて、発注後速やかに、または、本業務完了後に、利用者が当社に支払います。

5.前払金が料金総額の全額ではなく料金の残額がある場合、または、制作途中で追加料金が発生して支払われていない場合、利用者は当社の制作業務完了後に、当社の請求に応じて残金を支払います。残金全額が支払われて後に、当社は制作物を利用者に納品します。

6.当社に過失がある場合を除き、利用者はいったん支払った料金の返金を求めないものとします。また、当社に過失がある場合、および、不可抗力または当社の都合により当社が業務受託をキャンセルする場合を除き、当社はいったん支払われた料金を返金しないものとします。

7.制作物のデザイン修正は1回までとします。2回目以降は修正手数料が発生します。修正手数料が発生する場合、当社は利用者に対し見積書を交付します。

第6条 (納品方法)
1.当社は、制作したホームページを利用者のサーバーまたは利用者が指定するサーバーにアップロードすることにより、納品します。または、利用者の希望により、ホームページプログラムの引渡しをもって納品とすることができます。

2.バナー、ロゴ、マスコットキャラクター等単独の制作依頼の場合等は、電子メールでの制作物の引渡しでもって納品とします。

3.制作物が完成した時点で、当社は利用者に対し、制作完成物の承認依頼をその内容とする重要メールを送信します。利用者は制作完成物を確認し、承認を行います。承認後速やかに、当社は制作完成物を納品します。

第7条 (納品時期)
1.本業務の納期は、利用者が、制作ホームページのコンテンツとなる、本業務に必要な原稿、画像、映像等のすべての資料を当社に提供して後、30日以内とします。ただし、利用者による連絡の遅延等があった場合はこの限りではありません。

2.制作ホームページの内容量が多い場合や、高度な技術や複雑なプログラミングが要求される場合などは、前記の日数以上の日数がかかります。その見通しがある場合、当社は本業務受託前に利用者に通知するものとします。

3.注文が集中している時期等、上記の日程が困難な場合があります。その場合、当社は利用者に対しその旨を通知し、別途納期を定めるものとします。

4.本条の以上の記載にもかかわらず、利用者による追加発注や修正依頼により本業務の遂行に要する日数が増大する場合、上記の日程どおりにはなりません。

5.利用者が制作ホームページをアップロードするサーバーおよびドメインを速やかにご用意しない場合、そのことにより期日どおりの納品が不可能となります。

6.予定の納期に間に合わないことが予想された場合、その時点で速やかに当社は利用者に対しその旨を通知し、新たな納期を定めるものとします。

第8条 (制作物に対する責任)
1.当社が制作するホームページのコンテンツは、利用者から提供された原稿、画像、映像等の資料がもとになっており、当社はいっさいその責任を負わないものとします。

2.納品後に利用者が改変、修正、設定変更、または、アップデート等が行われた場合、当社はいっさいその責任を負わないものとします。インターネットやウェブサービスにおける技術の進歩により、世界および日本において、標準的に利用されるリソースが日々変化していっています。そのため、当社が責任を負うのは、制作物納品時点でのインターネット環境によるものとします。

3.一部のサーバーでは、サーバー提供会社の設定や、利用するサーバーのプランによって、標準的なホームページ運用に必要なリソースが提供されず、または、非標準的なプログラムが付加されている場合があります。当社が推奨した以外のサーバー提供会社、各サーバープランを利用者が利用した場合、当社は納品ホームページがそれらのサーバー上で予期したとおりに機能しない事態に対し、責任を負わないものとします。

4.当社が納品したホームページが所期の動作を行わない場合、利用者は納品後8日以内に当社に連絡するものとします。当社の瑕疵による場合、当社は速やかにプログラムの修正等を行うものとします。

第9条 (キャンセル・返品)
1.本業務開始後に利用者の都合により本業務をキャンセルした場合、利用者は、その時点までに当社が制作または業務遂行した分の料金を、当社に支払うものとします。

2.当社の都合により本業務をキャンセルした場合、当社は利用者に対し、前払金その他すでに当社に支払った料金を返金するものとします。利用者はそれ以上の金銭その他による補償を求めないものとします。

3.利用者による、納品物の返品および交換要求は、一切認められないものとします。

第10条 (第三者委託)
1.当社は、自社のみで提供できないサービスについては、同部分について社外の者に協力を仰ぎ、外注できるものとします。

2.前項の場合、制作物の著作権者が、当社ではなく、当社が外注した社外の者になることがあります。

第11条 (秘密保持)
1.当社および利用者は、本業務について知り得た秘密を、相手方の承認を得ることなく、第三者に開示または漏洩しないものとします。また、本業務の遂行以外の目的に使用しないものとします。

2.前項の秘密保持条項における秘密は、以下に該当する場合は秘密とは見なされません。
(1)開示を受ける以前からすでに所有していた情報
(2)正当な権限がある第三者から得た情報
(3)自らの責任によらず公知である情報
(4)開示された秘密情報によらず自らの開発により知得した情報

第12条 (反社会的勢力)
1.利用者が暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、その他反社会的勢力、および、その構成員であることが判明した場合、当社は事前に通知することなく、本業務の契約を解除することができるものとします。

2.制作物の納品後に利用者が前項の暴力団等に該当することが判明した場合、当社は利用者に対し、金銭その他による補償なく、納品ホームページによるウェブサイトを閉鎖するか、当該ウェブサイトから当社の制作物を除去することを、要求できるものとします。

第13条 (制作コンテンツの制限など)
1.当社は、制作ホームページのコンテンツとなる、利用者から提供された原稿、画像、映像等の資料に、以下に該当するものが認められる場合、必要に応じて掲載内容に制限を加え、もしくは制作作業を中断し、本業務の契約を解除できるものとします。
(1)ネットワークビジネスなど利殖を目的として投資、代理店、フランチャイズ等にかかわる斡旋、勧誘、募集等
(2)ダイヤルQ2、出会い系サイト(インターネットや携帯電話向けのアダルト系コンテンツを含むもの)に関連するもの
(3)風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に規定する風俗営業に該当する業種及びこれに類似する業種に関連するもの
(4)消費者金融に関連するもの
(5)ギャンブルならびにその類似産業に関連するもの
(6)宗教団体の勧誘または、布教活動に関連するもの
(7)政党及び政治団体の運動に関するもの
(8)著作権、商標権、意匠権等の知的財産権を侵害する内容
(9)他者の名誉を毀損する表現、他者を誹謗中傷、差別する表現
(10)暴力行為や犯罪を助長するおそれのある表現
(11)無限連鎖講、マルチ商法等の違法な、または違法性の高い経済活動を含む内容
(12)公序良俗に反する内容
(13)法令違反に当たる内容
(14)その他、当社が不適当と判断するもの

2.制作物の納品後に、当社がコンテンツの内容を前項に規定された内容・表現に変更した場合、当社は利用者にそれらの内容・表現を適切なものに改めるよう要求できるものとします。

3.前2項に該当する場合において、本サービスの履行不能または不完全履行の事象が生じた場合であっても、当社は、当該事象に起因する利用者の損害及び当社の債務不履行に関する責任について免責されるものとします。

第14条 (契約の解除)
1.当社は、利用者が以下の各号のいずれかに該当し、または、該当すると当社が判断した場合には、事前に通知することなく、契約の全部または一部を解除することができます。
なお、当社は、上記判断に関する理由を開示する義務は負いません。
(1)本規約等のいずれかの条項に違反した場合
(2)支払停止もしくは支払不能となり、または、破産、⑷民事再生手続き開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始もしくはこれらに類する手続きの開始の申立てがあった場合
(3)自ら振出し、もしくは引受けた手形または小切手につき、不渡りの処分を受けた場合
(4)差押、仮差押、仮処分、強制執行または競売の申立てがあった場合
(5)租税公課を滞納し、その保全差押を受けた場合
(6)解散または営業停止状態となった場合
(7)利用者の信用状態に重大な変化が生じたと当社が判断した場合
(8)当社からの問い合わせに対して、30日間以上応答がない場合
(9)他人の著作権その他の権利を侵害する行為があった場合
(10)その他、当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合

2.当社は、本条に基づき当社が行った行為により利用者に生じた損害について、一切の責任を負いません。

第15条(制作実績の公開について)
1.利用者からの注文により当社が制作したホームページ・ブログ等を、当社は当社ウェブサイト上の制作実績として公開できるものとします。

2.利用者が当社に対して、ホームページ制作実績公開の拒否を通知した場合に限り、当社は制作実績として公開しないこととします。

第16条(デザインの著作権について)
1.利用者が本サービスの制作料金全額を支払い完了するまで、ホームページデザインの著作権は当社に帰属します。その間、デザインデータを当社に無断で使用・転用することを固く禁じます。万が一、デザインデータを不正に使用した場合、不正使用者は当社に損害賠償金を支払うものとします。

2.利用者が本サービスの制作料金全額を支払い、正式に納品完了した後については、ホームページデザインの著作権は利用者に帰属します。デザインデータへの修正・変更・追加などが可能となります。

3.納品完了したデザインデータに、利用者側で修正・変更・追加等した後は、ホームページの正常な動作に関して当社は一切の保証をいたしません。その修正作業により発生した事象は、全て利用者の責任とします。

第17条(納品後のサポート及び情報更新について)
1.当社は利用者に対し有償でサポートを行います。その内容、費用は、別途見積によります。

2.本サービスはホームページ開設時のデータを制作するものであり、継続的にホームページの情報更新をサポートするものではありません。ホームページの情報更新が必要な場合は、利用者が自ら行うものとします。

3.保守契約を締結している場合には、その契約内容によりサービスを提供いたします。

第18条(当社の免責事項について)
1.当社は、本サービスにおける品質や機能、または本サービスを通じて取得するその他の情報等に関して、その完全性、正確性及び有用性等につき、一切の保証を行いません。

2.利用者から当社に依頼されたコンテンツの掲載内容に関する全責任は利用者に帰属し、当社はいかなる責任も負わないものとします。

3.レンタルサーバやアプリケーションの不具合等によって利用者に損害が発生した場合も、いかなる責任も負いません。

4.第三者から当社に対して、掲載内容に関する損害賠償その他のクレームがあった場合には、利用者が自己の責任と負担において対応するものとします。 本サービスで提供されたホームページ・ブログ等は、全ての環境下で正常に動作することを保証するものではないことを、利用者は承諾するものとします。

5.本サービスの提供または利用に関連して、第三者との間にトラブルが発生した場合は、当社は、当社の故意または重過失がある場合を除き、当該トラブルについて一切の責任を負わないものとし、利用者が自己の責任と費用をもって解決するものとします。

6.当社は、本条第1項ないし前項に定めるほか、次の各号につき、いかなる保証も行いません。なお、利用者が当社から直接または間接に、本サービスに関する情報を得た場合であっても同様とします。
⑴本サービスが正確かつ完全であること
⑵本サービスの利用に起因して動作環境に不具合や障害が生じないこと
⑶本サービスが利用者に適用のある法令等に適合すること
⑷本サービスが利用者の利用目的に適合し、有用であること
⑸本サービスが継続して稼働すること

第19条(紛争処理及び損害賠償)
1.利用者は、本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、当社に対し、その損害を賠償するものとします。
利用者が、本サービスに関連して第三者からクレームを受けまたは第三者との間で紛争が生じた場合、利用者は、直ちにその内容を当社に通知すると共に、利用者の費用と責任において、当該クレームまたは紛争を処理し、その進捗及び結果を当社に報告するものとします。

2.当社が、利用者による本サービスの利用に関連して第三者からクレームを受けまたは第三者との間で紛争が生じた場合、利用者は、利用者の費用と責任において、当該クレームまたは紛争を処理し、その進捗及び結果を当社に報告すると共に、当社が支払いを余儀なくされた金額その他の損害を賠償するものとします。

3.当社は、本サービスの提供に際して、自己の故意または重過失により利用者に損害を与えた場合について、これを賠償するものとします。本規約における当社の各免責規定は、当社に故意または重過失が存する場合には適用しません。

4.前項または法律の適用により当社が損害賠償義務を負う場合に、賠償すべき損害の範囲は、利用者に現実に発生した通常の損害に限る(逸失利益を含む特別の損害は含まない)ものとし、賠償の上限金額は損害発生の過去3ヶ月間に当社に支払われた利用料金の合計金額とします。なお、本条は、債務不履行、瑕疵担保責任、不当利得、不法行為その他請求原因を問わず、全ての損害賠償等に適用されるものとします。

5.本条の一部が消費者保護法その他の法律に抵触して効力を有しない場合には、かかる抵触の限度において無効となるものとし、残余の部分は有効とします。

第20条(準拠法及び管轄裁判所)
1.本規約等の準拠法は、日本法とします。

2.本サービスに関連して利用者と当社の間で紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

株式会社メディウェイズ 代表取締役 小林 靖

2019年12月15日 制定