デロイトトーマツMeetup Sessionに登壇

東京都主催のアクセレータープログラムのASACに応募した事がキッカケとなり、デロイトトーマツベンチャーサポート様から
Meetup SessionというPitchとメンタリングのイベントに呼んで頂きました。

デロイトトーマツMeetup Sessionとは

Meetup Sessionは、デロイトトーマツベンチャーサポート様が主催するイベントです。

毎回ベンチャー企業5社が各5分間のピッチを行い、ベンチャーキャピタリスト、メディア、トーマツのコンサルタントの皆様からメンタリングを受けれる機会です。

ちなみに会場の青山スタートアップアクセラレーションセンター(ASAC)は、東京都の政策課題に関連する分野やベンチャーキャピタリストが投資しにくい分野等で起業に取り組む創業予定者又は創業間もないスタートアップが、リーディングカンパニーへと成長する機会と場の提供を行っているインキュベーション施設です。

以前、一度入居されている企業の方との打ち合わせに来た事がありました。
国連大学に隣接する建物で、地下には青山ブックセンターがあります。
青山という立地も素敵ですね。

ピッチの様子

イベントは夜19時にスタートしました。
登壇するStartup企業は当社を含め5社。
私はトップバッターでした。

これまで経産省の「始動」や、東京都のDOCANで鍛えて頂きましたし、最近はこの様な機会が増えてきたので慣れてはきましたが、
5分間という限られた時間ですべてを伝えるのは至難の技。

その後メンタリングでトーマツの方から具体的なアドバイスを頂いたので、実践しようと思います。
さすがプロの方だと思いますし、自分一人だと思い込みが強くなってしまうので、やはりメンタリングの機会は有り難いものです。

横の繋がりも出来て応援し合う

この様なイベントに参加すると、他の登壇企業の皆さんと名刺交換やFBの繋がりが出来るのも魅力です。

今回も4社様と繋がる事が出来ました。社会に何かインパクトを与えようと考えている企業家は、みんな目がキラキラしているし、他の企業家のプランも応援しようとしてくれます。お互いが持つ熱量を与え合うというか、助け合おうという雰囲気がありますね。

さて、トーマツベンチャーサポートさんといえば、Morning Pitchというイベントが有名です。
朝の7時から開催しているベンチャー企業と大企業の事業提携を生み出すことを目的としたピッチイベントです。
Morning Pitch公式サイトへ

トーマツの方は「朝7時からやっている、ちょっとクレイジーなイベント」と表現されていましたが、公式サイトを拝見するとこんな説明がありました。

2013年1月から開始し、2018年8月時点で全250回、累計1,200社超のベンチャー企業が登壇しています。

朝7時からというクレイジーなイベントが、5年間、毎週続けているという事は、相当な熱量が必要です。

トーマツベンチャーサポートさんは、この様な熱い会社だという事が良く分かりました。

僕も早くMorning Pitchに登壇出来る様に、スピード感を持って成長していきたい。
改めて、モチベーションが高まった一夜のイベントでした!

 

[simple-author-box]