整復師、続く不正請求 免許、業務停止10年で171人 過当競争が背景か

柔道整復師による治療費の不正請求が後を絶たない。厚生労働省によると、2008年からの10年間で計171人が不正請求などによる免許取り消しや業務停止処分となり、うち69人は逮捕、書類送検などで刑事処分を・・・

西日本新聞20180503

2015年、暴力団による架空請求事件が起き、全国的に報道された事は記憶から忘れられません。福岡では、元組員らの当たり屋グループと共謀して交通事故を偽装した整骨院経営者を含む16人が逮捕されています。管理者研修の義務化などは形式だけで、どの位の意味があるかは疑問に感じます。
ちなみにこの記事タイトルにある171人と聞くと非常に多く思えますが、10年間の合計です。

スポンサーリンク